◆9/20みとせのりこソロアルバム「vierge automatique〜擬似少女楽園廃墟供繊廾貳免売

今年の頭に「再始動」宣言しましたみとせのりこソロアルバム「vierge automatique〜擬似少女楽園廃墟供繊廖⊃聞垓餽腓魯張ぅ奪拭爾覆匹任瞎譴つつ、特設サイトでも徐々に情報を公開しておりましたが(そして8/24のライヴでは先行販売までさせて頂きましたが!)、ブログできちんと発売日のご報告をしておりませんでしたので、今更ですが、
9/20「vierge automatique〜擬似少女楽園廃墟供繊廾貳免売となります。
のおしらせを。
只今アマゾンでご予約受付中です。どうぞ宜しくお願い致します。

ジャケットの球体関節人形は初代「擬似少女」の流れを汲んでそのままDollhouse Noahさんの人形を。ヴィジュアルデザインは「ヨルオトヒョウホン」のジャケットをデザインしてくれたThe Monneyless Vincent Imitation Graphicaのマエダさんです。

◆特設サイト
http://www.snowblanc.net/vierge/index.html

◆アマゾンご予約ページ
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B008RAIJR6

このアルバム、今となっては幻の(困ったことにオークションでプレミアがついてしまっていた)限定シングルCD「擬似少女楽園廃墟」(2004年)が元に…、と、うたってはおりますが、そのCDに入っていたのは実は2曲だけで(シングルなので少ないんですね)、今回その2曲もアレンジを変えたりヴォーカルは全て新たに録り直し、ミックスもし直して、2012ヴァージョンに生まれ変わっている「新録音源」となっております。
そして3曲はこれまでライヴ等では演奏したことがあっても音源化されていなかった曲を今回のためにアレンジしてもらって収録した「新録/音源初公開曲」。
残る半分の5曲はといえば、完全なる「書き下ろしの新曲」となっておりまして(1曲わらべうたの変態カヴァーが入ってますが・笑)、結局のところ全ての曲をこのアルバムのために録りおろし、ほとんどが音源としてお届けするのは初という、「リメイク曲は入ってるけど事実上はニューアルバム」というややこしいシロモノになっております(笑)。

ちなみに収録曲ごとに見ていきますと、
(8月24日の先行販売で手にして下さった方もおいでになると思いますが、一般発売はまだなので内容的な部分にはほとんど触れずに参ります)

1. vierge automatique(作編曲:Dani)
⇒書き下ろしの新曲。このアルバムの幕開のために書き下ろして頂いた賛美歌的な造語多重コーラス曲。タイトルもそのまんまなのでまさに「書き下ろし!」っていう曲ですね(笑)。

2. Mindsphere(作編曲:井上俊彦)
⇒2004年版の「擬似少女楽園廃墟」収録曲。アレンジはそのまま、ヴォーカルとミックスは今回のアルバムのために録り直し混ぜ直しました。「リレコーディング」という位置づけになると思います。

3. 百花庭園の幻影(編曲:Dani 作曲:多田遠那)
⇒2004年のイベントの際、ライヴエキシビションでのみ演奏した曲です。アレンジも変更し、今回のために全て新録。会場にいた各回30人強の方しか耳にしたことがなく、しかも今回初めて音源化された曲なので、事実上の「新曲」といっていいと思います。

4. cercueil blanc~白の柩~(編曲:遠藤成樹 作曲:多田遠那)
⇒2004年版の「擬似少女楽園廃墟」収録曲。アレンジも大幅に変更、ヴォーカルもミックスも今回のために新たにしております。これは位置づけ的には「リアレンジ」になるのかな。ORITAの相棒ナルキさんにアレンジを頼んだので、ものすごくORITA風味です。

5. 廃墟の心臓(作編曲:Dani)
⇒書き下ろしの新曲。タイトルと詞の流れは決まっていて、そのメモを渡して「プログレで。」ってお願いして書いてもらいました。タイトルを見て頂いても判るとおり、このアルバムのために書いてもらった曲です。

6. 白繭の城(編曲:鶴田萌子 作曲:みとせのりこ)
⇒珍しくみとせ作曲の新曲。みとせが今年の春ごろツイッターで呟いていた「ヒキコモリのオンナノコの唄ができてしまった」というアレです。自然発生的にうまれた曲の割にはものすごく「このアルバム用」の新曲。このCDに収録するためにアレンジもして頂きましたしね。

7. とおりゃんせ(編曲:弘田佳孝)
⇒変態アレンジのわらべうたカヴァー。「ヨルガ」ライヴの際に演奏した「ホラーとおりゃんせ」が元になっているはずですが、そこからまたかなり化け…いや進化しました。

8. 薄氷(編曲:柳英一郎 作曲:篠本さねあつ)
⇒15年近く前にみとせのりこが篠本さねあつさんという男性のシンガーソングライターに詞を提供した楽曲です。キルシェのライヴで一度だけみとせのヴォーカルで演奏されたことがあります。今回篠本さんの許可を得てみとせヴァージョンとしてリアレンジ+完全新録でのCD音源化。これは「リアレンジ+カヴァー」というのが正しいのですが、耳にする側としては「新曲」に感じられるのではないかと思います。

9. カナリヤ機械(編曲:流歌 作曲:井上俊彦)
⇒キルシェのライヴで繰り返し演奏されていたにも関わらず、何故か音源化されていなかった知る人ぞ知る曲。今回のアルバムのテーマに嵌りすぎの曲だったので、このアルバムのために新たに収録用にアレンジしてもらいました。ライヴキルシェ版からふた化けくらいしてます(笑)。この曲は位置づけが難しいですが、「キルシェの曲をみとせがセルフカヴァーしたもの、新録、初音源化曲」かな。(ややこしい…

10. 伽藍の空 (作編曲:onoken)
⇒書き下ろしの新曲。あんまりな歌詞なので人様に渡しづらく自分で曲をつけようと思っていたのですが、どう足掻いても自分ではいいメロができなかったので、餅は餅屋と思い信頼できるセンスの方にお願いしました。このアルバムのトリの曲にと思って書き下ろしていただいた「新曲」です。

という感じになっております。

みとせを昔々から知っていて下さってライヴにも来て下さっていて、「懐かしい!ずっと聴きたかったあの曲がやっとCDに!」という方もおいでになるかもしれませんが、ソロを始めてからのみとせしか主に知らない、という方にはほとんどが「初聴き」の曲になると思います。
いろんな感じ方、楽しみ方があると思うのですが、どの曲も「今のみとせ」の感性を通して新たなアルバムとして選んで揃えて収録した10曲です。
…まあその、所詮はみとせのりこなので、弔いっていうか実はもう死んでたとかヒキコモリっていうか現実なんかみたくもないとか、そんな鬱でクローズドで内向的なアルバムですが、そんなものが誰かの心の癒しになることもあると信じまして、このアルバムがお手元に届いて後、末長く手元に残しておきたい1枚になるように祈っております。

◆10/31みとせのりこPOPワークスベスト「Mille-feuille」発売

10月31日、みとせの通算4枚目のベストアルバム「Mille-feuille 〜Noriko Mitose Pop Works Best〜」がティームエンタテインメントより発売になります。
「Mille-feuille」は「ミルフィーユ」と読みます。お菓子の名前の方が有名なのでものすごくスウィート(笑)なものを想像されるかもしれませんが、意味は「千の葉」で、今回のアルバムタイトルとしては後者の意味の方に重点を置いています。

そしてこれがジャケット。

昨年11月にみとせの3枚目のベスト「Centifolia〜Noriko Mitose Art Works Best〜」が発売になったのを憶えていて下さる方はおいででしょうか。「Centifolia」が「百の花弁」の薔薇、「Mille-feuille」 は「千の葉」、この「Mille-feuille」はその姉妹盤のような位置づけです。(なので、ジャケットも撮影は「Centifolia」と同じく人形作家のDollhouse Noahさんです。)

「Centifolia」は「アートワークスベス ト」、全体的にプログレだったり暗黒だったりとエッジで尖った感じの曲を集めたアルバムでしたが、「Mille-feuille」は「ポップワークスベス ト」と題し、オリジナルのみとせよりややポップで明るめ(当社比)なものを取り入れたアルバムになっています。とはいえみとせの「ポップ」ですから、究極 的には「口ずさみやすい」曲という意味が中心になります。
聴いたら何故か耳に残って思わず口ずさんでしまう、そんなフレーズが満載の曲を、ポップで可愛い曲からダークでアグレッシブな曲までずらりと集めてみました。
…もしかしたら書き下ろしの1曲がいちばんポップじゃないのかも(笑)。

収録曲はティームエンタテインメントのサイトにて公開中。ポップワークスと侮るなかれ、所詮はみとせのアルバム、けっこう意外なあの名曲もこの名曲も入ります、ふふふふふ。

アマゾンにてご予約受付中です。
Mille-feuille紹介ページ

「vierge automatiqeu〜擬似少女楽園廃墟供繊もあわせて宜しくお願い致します。

◆みとせのりこアートワークスベスト「Centifolia」全曲試聴開始

昨日はとらのあなさんの特典についておしらせがメインでしたが、今日はちゃんと試聴開始のご案内をさせて頂きます。

みとせのりこアートワークススベスト「Centifolia」、TEAMさんのサイトで昨日より全曲一気に試聴が公開されました。(↓をクリックして下さい、TEAMさんのサイトに飛びます。)

アートワークスと銘打っただけあって異様に濃ゆい曲ばかり14曲、かきおろしの「Centifolia」も含めて少しずつですが聴いて頂けますので、是非試聴してやって下さいませ。

そして実は収録曲の中に、今回の収録にあたってマイナーチェンジされた曲があります。
今回このアルバムに収録させて頂けるようお願いしましたら、作曲家の方から「じゃあ一部生楽器への差し替えと、ミックスをしなおしてもいいですか?」というお話を頂きまして、みとせとしては大歓迎、嬉しいばかりのお話でしたので諸手を上げてお願いしました。
しかも1曲じゃないのです。
みとせが唄った曲を作曲家の方もさらによくしたいと思って下るくらい愛して下さっているんだと判って本当に有難いやら勿体無いやら。そんな楽曲がまたさらにベストアルバムとなって皆様の手元に届いて、皆様がさらにその曲を愛して下さったら、みとせとしてはもっと嬉しいのであります。

そんなふうになるよう願いを込めつつ、敢えて今はどの曲がマイナーチェンジしたかは言わないでおきます(笑)。試聴でも判る人には判るレベルの曲もあったりしますが、アルバムを聴いてのお楽しみということで!
発売日は11月30日です。

◆みとせのりこアートワークスベスト「Centifolia」とらのあな購入特典のおしらせ

11月30日の発売日まであと2週間足らずと迫って参りましたみとせのりこアートワークスベスト「Centifolia」、とらのあなさんに購入特典の「ミニサインデータ色紙」というのを提供させて頂いております。
直筆ではなく印刷モノとのことでしたので、直筆でないサインをサインだけもらってもいまひとつ嬉しさが足りないでは…と思い、勝手に拡大解釈して、昔取った杵柄でおえかき+ひとことにさせて頂きました。
とらのあなさんのサイトにサンプル画像も載っておりますので、よろしければご覧下さい。

・とらのあな「Centifolia」通販ページ

数量限定だそうなので、もしご興味あればおはやめに是非。
通販でも店頭販売でも用意して頂いた枚数がなくなるまではつけて頂けるそうです。

ペンは入れずに鉛筆で仕上げました。アナログ感(むしろアナクロ感…)があって好きなんですよね、鉛筆仕上げ。かすれ具合とかに味が出るというか。
アルバムタイトルの「百の花弁の薔薇」という意味合いをイメージしつつ描きました。
書き下ろし曲の「Centifolia」の歌詞がこう、英国の幻想詩人の詩をへたくそに和訳した(笑)みたいなイメージの詞なので、イラストもなんとなくそんな感じのラファエル前派的なモチーフに。

TEAMさんのサイトで試聴も本日から公開されてますので、あわせて聴いてやって下さいませ。

http://www.team-e.co.jp/products/kdsd-00515.html

◆みとせのりこアートワークスベスト「Centifolia」収録曲公開

みとせのりこアートワークスベスト「Centifolia」、収録曲が全て公開されました。
ラインナップはこんな濃ゆくて重くてくどくて(笑)個性的にも程がある感じの14曲です。

01.水唱〜スイショウ〜 (とらのあな「SUMMER MIX Vol.01」より)
  作編曲:土屋暁 作詞:みとせのりこ
02.桜散ル夜〜ハナチルヤ〜 (PSP「華ヤカ哉、我ガ一族」より)
  作編曲:弘田佳孝 作詞:みとせのりこ
03.白と黒の祭儀 (PCソフト「Omegaの視界」より)
  作編曲:Manack 作詞:みとせのりこ
04.Crimson Sign (ドラマCD/PCソフト「コープスパーティーBloodCovered」より)
  作編曲:onoken 作詞:三澤秋
05.櫻幻燈 (アルバム「地獄歌占」より)
  作編曲:三輪学 作詞:みとせのりこ
06.キネマモザイク〜薔薇の筆跡〜 (PSP「華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク」より)
  作編曲:吉野裕司 作詞:みとせのりこ
07.海つ波 (PS2「アオイシロ」より)
  作編曲:MANYO 作詞:麓川智之
08.STIGMATA (PS2「マナケミア〜学園の錬金術士たち〜」より)
  作編曲:阿知波大輔 作詞:青木香苗
09.片羽<カタハ>のコトリ (コラボレーションアルバム「Message」より)
  作編曲:弘田佳孝 作詞:みとせのりこ
10.Rains (ドラマCD「江ノ島ベイビィ」より)
  作編曲:細井聡司 作詞:みとせのりこ
11.manors e gena (アルバム「Lucce e Iombra」より)
  作編曲:Morrigan 作詞:nk 造語訳:Azrael=Robin
12.Lorelei (PS2「イリスのアトリエ グランファンタズム」より)
  作編曲:阿知波大輔 作詞:青木香苗
13.蝉時雨  (アルバム「ヨルオトヒョウホン」より)
  作曲:D! 編曲:大槻隆 作詞:みとせのりこ
14.Centifolia
  作編曲:鶴田萌子 作詞:みとせのりこ

14曲目の表題曲「Centifolia」はかきおろし曲になります。
ものすごくみっっっしりした選曲になってしまったこともあり、書き下ろし曲はあっさり目にいこうと考え、今までやりたいのにやる機会がなかった「生ピアノと唄のみ」の曲にしよう、ということで、作編曲はピアニストで作編曲家(オーケストラも書けて指揮棒も振れちゃう)鶴田萌子さん(音は「もえこ」さん、じゃなくて「もこ」さんです)にお願いしました。
わたしはこれまで常に曲が先で、曲に詞をシンクロさせる(譜割も内容も)やり方でやってきたんですが、鶴田さんに今回のイメージ詞をお渡ししたら、なんとその詞のまま曲を作って下さってものすごーーーーく吃驚しました!こんなに自由でいいんでしょうかわたくし…。

しかし「あっさり目」の予定だった書き下ろし曲も、「間奏は好き勝手して下さい」のみとせ定番のオーダーのせいと、曲に合わせずみとせ耽美変換機能全開で書いた形になってしまった歌詞のせいで、総じて見ると決して「薄味」とはいえない結果に…(間奏はピアノ4台分をお一人で弾かれたそうです)。鶴田さんがみとせの個性や音楽性を汲んでくれた…というより、鶴田さんも濃ゆい人なんですよね(笑)。何せわたしがいいと思った人なんだからまあそうなりますよね、ははははは。

そんなわけでどこまで行っても「しっぽまであんこ」なアルバムしか出せないみとせのアートワークスベスト、どうぞ楽しみに発売日を待ってやって下さい。

◆11/30みとせのりこアートワークスベスト「Centifolia」発売

ツイッターでは告知しましたが、ブログできちんとご報告するのを忘れておりました、すみません。
11月30日、みとせのりこがゲームやコンピアルバムなど様々なシーンに提供した曲の中からセレクトしたワークスベストアルバム「Centifolia」が発売になります。
centifolia_jk
書き下ろし曲1曲を含む全14曲収録。
アルトネリコの土屋さんとのコラボレーション曲、何パート録ったか数えるのも無理(笑)な多々々重録音(リズム以外全部声です…)「水唱〜スイショウ〜」や、これまでフルヴァージョン未発表だったホラーゲーム『コープスパーティー』の挿入歌でonokenさんのソリッドセンス炸裂の「Crimson Sign」を勿論フルヴァージョンで。そして先日ムービーが公開された『華ヤカ哉、我ガ一族FD』のテーマ曲、吉野裕司さん作の格調高いのに変態(!)な難曲「キネマモザイク」他、まだ公開されていない収録曲も全て作編曲の皆様とみとせのりこの濃ゆいところがぎゅぎゅっと凝縮されております。
何せ前回のワークスベストリリースから約5年。セレクトし放題なくらいの曲数がありましたので、その中からみとせのりこのアーティスト性により近いものを選んで詰め込みました。なのでただのワークスベストではなく、「アートワークスベスト」と銘打たせていただいております。

「Centifolia」はセンティフォリアもしくはケンティフォリアと読みます。意味は「百の花弁」、百枚の花弁を持つといわれるオールドローズ(原種薔薇)の品種名です。ルドゥテの細密画も有名ですが、マリー・アントワネットが愛した薔薇といわれていて、アントワネットが肖像画で手に持っている薔薇はこの薔薇のことが多い気が。…というとなんとなく想像できそうですよね。ピンクでまるっこくてふさふさしたアレです。(ちなみに花を解体して枚数数えるとほんとに100枚前後らしいです。)

既に書き下ろし曲の収録もジャケットの入稿も終えて、完成を待つばかり。

リリースはカタン、ヨルガでもお世話になっているティームエンタテインメントさんより(そして担当はおなじみA&Rの中村さん。カタン、ヨルガと続いていつも無理言ってお手数おかけしてます)。ティームさんのサイトで情報は既に公開されておりますし、アマゾンでも予約受付中です。

・みとせのりこアートワークスベスト「Centifolia」商品紹介ページ

冒頭に貼ったジャケットの写真は球体関節人形作家の「Dollhouse Noah」さんが撮って下さいました。さすが人形作家さん、写真撮るときもほんとに人形を撮るように撮られるので、途中から自分が静物になった感覚でした。撮影もチュールにレースに薔薇にアンティークにとみとせ好き系なもの満載の現場で、しかも女子ばっかりの撮影チームですごく楽しかったんですが、この話まで始めると長くなるのでまたあらためて(笑)。
まだ発表されていない収録曲や書き下ろしの表題曲についても、もう少しお待ち頂ければ幸いです。

そんなわけでみとせのりこアートワークスベスト「Centifolia」は11月30日発売です。
大人の事情で入れたかったのに入れられなかった曲もありますが(笑)、それを除いてもなお自信作がこんなにたくさんある。「お仕事」といいながらも、依頼を下さるクライアントの皆様がみとせのりこの音楽性を理解してみとせらしい曲を下さっている証拠だなあと思うと、また何倍も嬉しく感謝の気持ちが湧いてくるのです。

皆様是非聴いてやって下さい。

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

twitter

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

カタン-cotton-
カタン-cotton- (JUGEMレビュー »)
みとせのりこ,鳩山郁子

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

crochet
crochet (JUGEMレビュー »)
みとせのりこ

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM